孤独死

  • 読み:こどくし
  • 別名:孤立死

孤独死の意味(孤独死とは)

孤独死とは、主に一人暮らしの方が、誰にも看取られること無く住居内で亡くなる事をいいます。

死に至る原因はさまざまで、老衰で眠るように亡くなられる方がいれば、心臓発作や脳梗塞といった突発性の疾患で亡くなられる方もいます。

誰かに助けを求める間もなく亡くなるため、発見(周囲が気づくまで)に時間がかかる場合もあります。

孤独死の実際

孤独死に陥りやすい生活様式として
・高齢者
・独身(死別を含む)
・慢性疾患を持っている
定年退職などで職業を持たない
親族が遠方にしかいない
の5点があげられるといわれています。

この条件に当てはまる場合、何かが起こった際、誰かが気づくことや、駆けつけてくれることがないため、結果として孤独死をむかえてしまう可能性があります。

近年では地域コミュニティが希薄になり、隣人が干渉し合う事が減少しました。

そのため、それまでは連日見かけていた人を見かけなくなったとしても、その方の家を訪ね、様子を確認するといったことは、ほとんどないといった社会的な背景もあります。

タグ:相続 孤独死

孤独死に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。