定年後の再就職、仕事の探し方をナビゲート!

記事を保存しました

定年退職後の過ごし方は、趣味、旅行、仕事、ボランティアなど、さまざま。定年世代の中には「まだまだ元気だから仕事をしたい」と思う方もいるでしょう。

「さあ、仕事を探そう!」と思ったときに、

「定年後はいったいどのように仕事を探せば自分のやりたい仕事に出会えるのか?」
「再就職で気をつけることはあるのか?」
「今までの働き方と定年後の再就職はどのような違いがあるのか?」など疑問がたくさんあるでしょう。

定年後の再就職の仕事探しで知っておきたいポイントをまとめました。

定年後の再就職の仕事探し

再就職の仕事探しの前に知っておきたいポイント

再就職の仕事の種類とは?

定年退職後の再就職先として、どんな仕事があるのでしょうか。

最近の定年世代向けの求人のなかでも、オフィスワーク、飲食・食品、小売・販売・接客、家事・保育・習い事、設備・管理・清掃、警備、介護などの職種が多いです。

自分の経験を生かせる仕事としては、オフィスワークでは定年までの職業経験を生かしたり、介護の送迎ドライバーや保育や子どもに関わる仕事などは定年までの人生経験を生かしたり、経験の活用方法もいくつかあります。

清掃管理など、入社してから知識や技術を教わる環境があり、新たなチャレンジがしやすい職種もあります。

関連記事:50代・60代が活躍中の仕事まとめ4選
関連記事:50代・60代が活躍中の資格まとめ4選

また、同じ職種であっても募集条件は異なります。「長期」「単発」「短時間」「週◯日以上」など求められる内容はさまざまです。再就職ではどんな働き方をしたいか考え、自分の働きたいスタイルを選びたいですね。

定年後の再就職の仕事探し

定年後はどんな働き方を選ぶ?再就職の雇用形態は?

定年退職までは正社員で長年働いた方も多いでしょう。再就職の場合、雇用形態の種類も求人によってちがいます。

雇用形態(雇用契約)の種類

  • 正社員
  • 短時間正社員
  • 契約社員(有期労働契約)
  • パートタイマー労働者
  • 派遣労働者
  • 業務委託

(派遣労働者の場合、派遣元の企業と雇用契約を交わします。業務委託の場合、業務委託契約、請負契約になり、基本的に労働者としてみなさないため、労基法は適用されません。ただし、業務内容によって実態が労働者として判断されれば労基法は適用されます。参照:厚生労働省HP

定年を迎えるまでは「1日8時間、週5日働く」ということが当たり前だったかもしれません。これからは自分の働きたいペースで仕事を選ぶことができます。あなたはこれから日々の暮らしの中でどのようなペースで働いてみたいですか?

これからどのように自分の人生を過ごしてみたいか、好きなお茶を飲みながら一息ついて考えてみることをオススメします。

定年後の再就職の仕事探し

定年退職後の再就職の仕事探しとは?

定年退職まで所属していた会社内での異動や転勤はあっても転職経験はなく、「仕事を探す」ということが何十年ぶり、という方も少なくないでしょう。

一から自分で仕事を探すことが久しぶりで「定年退職後の仕事探しはどのように進めるといいのか?」と不安があるかもしれません。ここでは定年後の再就職先の仕事を探す方法をいくつか紹介します。

自分で再就職の仕事を探す

ハローワークで再就職の仕事を探す

まずは、ご存知の方も多い「ハローワーク(公共職業安定所)」について。

地域の総合的雇用サービス機関として、ハローワークで仕事を探す方法があります。インターネットでは、全国のハローワークで受理された求人情報の中でも、求人企業がハローワークのホームページに掲載を希望している求人を検索することができます。

住まいの地域にあるハローワークに直接足を運んでハローワークのスタッフに相談をして、求職活動をサポートしてもらうことも可能です(詳しくは地域のハローワークに問合せてご確認ください)。ハローワークでは職業紹介だけでなく高年齢雇用継続給付の相談も対応しています。

また、地域で職業紹介の取り組みをしているところもあります。東京都の場合は、「東京しごとセンター」というサービスの中で55歳以上の方を対象とした相談窓口もあります。

各地域にあるハローワークですが、すべての企業がハローワークに求人を出しているわけではありません。会社によってはハローワークを使わずに、自社のサイトや店舗、求人サイトや情報誌に載せているところもあります。

求人サイトで再就職の仕事を探す

さまざまな会社の求人情報を載せているサイトのことを求人サイトと呼びます。求人サイトは増えており、若手向けや業界特化のサイトなど、種類がいくつもあります。求人情報を探す前に、どんな求人を取り扱っているサイトなのか確認してから活用すると、検索でのミスマッチが防げるでしょう。

定年世代向けの求人サイト(一例)

マイナビミドルシニア
https://mynavi-ms.jp/
シニア求人ナビ
https://www.seniorjob-navi.com/
シニアジョブ
https://senior-job.co.jp/
はたらくプラス
https://hataraku.en-park.net/
(はたらくプラスはエンパークの姉妹サイトです)

上記で紹介した求人サイトで求人情報を探したり、Googleやヤフーの検索画面から「定年後 再就職 仕事」というキーワードで検索したり、インターネットを使えば気軽に求人情報を確認することが可能です。

また、掲載されている求人情報へ求人サイトから応募できるケースが多いです。手軽に求人に応募できるところもポイントの一つです。

フリーペーパー、新聞で再就職の仕事を探す

駅やコンビニ、スーパーなどに置いてある求人情報のフリーペーパーや新聞折込の求人チラシなどは、配布エリアの地元密着型の求人情報が多いところが特徴です。また、新聞の求人欄や自宅ポストに投函されるフリーペーパーの求人欄などにも求人情報が掲載されていることがあります。

店舗、ショッピングセンターなどの掲示板で探す

近所のショッピングモールやお店などで求人募集の張り紙が出ていることもあります。

今までは一つの会社で勤めてきていたのであまり求人情報に気づかなかったかもしれませんが、仕事の探し方も選択肢が広がっています。

自分に合った再就職の仕事を紹介してもらう

知人から再就職先を紹介してもらう

これまでの仕事関係者や地域のコミュニティ、知人の紹介で人脈を活用して仕事を紹介してもらう方法があります。まずは知り合いに自分の興味のある分野や仕事について話しておくと、タイミングが合えばお仕事紹介につながるでしょう。

人材紹介、人材エージェントを利用して再就職の仕事を探す

自分の経歴や自分の興味があることを話して実際に自分に合った企業を紹介してもらう、「人材紹介会社」「人材エージェント」というサービスもあります。

人材紹介会社に登録して、担当者と面談したり、必要なエントリーシートに情報を記入するなどして自分の経歴や要望を伝え、求人を担当者から紹介されて自分が再就職したい企業を選びます。人材紹介の担当者が同行して企業の面接を受けることが多いです。

求人サイトとの違いは、担当者があなたの経験や興味についてヒアリングした上でマッチした求人を紹介するので、第三者の目が入っていて安心できるというところや自分では見つけられなかった企業や自分の強みと出会えるというところです。

たくさんのエージェントに登録しすぎると提案や面談の設定が複数手元に届くので、欲張りすぎてたくさんの企業に応募すると「面接を進めること」が目的になり、自分に適した企業かどうかを冷静に判断しにくくなる可能性があります。

相性が良い担当者や提案される求人票が好ましいエージェントに絞ることも考えましょう。

関連記事:定年後のキャリア対策!60歳を過ぎても仕事がしたい人が準備すべきこととは

定年後の再就職の仕事探し

再就職の仕事探しの前に~定年世代が準備しておきたいこと~

定年退職後の再就職の仕事探しの方法を確認しました。では、実際にどのように仕事探しをすれば、自分に合った仕事が見つかり、再就職ができるのでしょうか?

仕事探しの前に自分の希望を見つめ直す

今までの経験をどのように活用するかも自由です。定年退職後のお仕事探しの面白さだと思います。

再就職の仕事探しは「これまでの自分の成功経験も失敗経験も、どれも新しい職場で活かせるといいな」というライトな心持ちで、あまり気負わず、肩の力を抜いて仕事を探せるといいですね。

再就職の第一歩は?

自分が希望する条件を書き出して、その条件で実際にお仕事を調べてみましょう。自分の希望を考えるときの質問例です。ぜひ自分に問いかけてみてください。



  • 経験をどのように活かしたいですか?
  • プレイヤーとして働きたいですか?
  • 若手や中堅社員のサポーターとして働きたいですか?
  • 家庭や趣味の時間はどのように過ごしたいですか?
  • 仕事の働きがい、やりがいで大事なことは何ですか?
  • 体に負担なく働き続けられるペースはどれくらいですか?
  • 自分の暮らしに合う理想の収入はどれくらいですか?
  • どんな職場環境や通勤時間が理想ですか?

すべてを満たす求人と出会うことは難しいかもしれません。「譲れるポイント」と「これだけは譲れないポイント」を明確にし、自分にとって無理なく働けるかたちを見つけていきましょう 。

関連記事:定年世代が知りたい、貯蓄・投資・終活「老後のお金」~ファイナンシャルプランナーさんに聞きました~(前編)

また、経験も生かしてみたいけれど、「新しい環境で新しいチャレンジしてみたい」という方もいるでしょう。資格を取ったり、学校に通ったり、新しい職場で技術を学んだり、ボランティアを始めたり、新しいチャレンジの方法もあります。

定年後の再就職の仕事探し

定年退職後、選択肢は広がります。自分の希望が見えてきたら、実際に動いてみましょう。

  • 求人サイトをのぞいてみる
  • 人材紹介に登録してみる
  • ハローワークに相談に行ってみる
  • 学び直しをする

60代以上を対象にした国の雇用制度は変わりつつあります。「まだまだ働ける」「自分の経験を社会に役に立てたい」と思っている方のモチベーションは国や会社を支えることにつながると思います。

まずは自分の興味を大事に。正解があるわけではありません。自分の希望に向かって一歩ずつ歩んでいきましょう。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

カテゴリ別ランキングRanking

定年退職のこと

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend