定年世代

  • 読み:ていねんせだい
  • 別名:40代,50代,60代,ミドル,シニア

定年世代の意味(定年世代とは)

40代、50代、60代の定年を意識しはじめる、又は定年を迎える世代を指します。

定年世代は男性だけでなく、自分自身や夫が定年世代にあてはまる女性もふくみます。

会社に雇用されている立場であれば、一般的には60歳又は65歳で定年を迎えます。

定年世代になると、子供の独立、両親の介護と家族の状況もかわります。

職場においては50代で役職定年を迎える場合や、明確な制度がなくとも徐々に役職を部下や若手に譲ることになり、かつてのような忙しい日々からは離れ、仕事の状況が変わることも珍しくありません。

このため生活や職場の状況をあらためて見直し、その後の生き方を考える時期でもあるのが定年世代と言えるでしょう。

定年世代の実際

定年という区切りを目前にする、又は迎えると「このままでいいのだろうか」と考える人が少なくありません。

企業に務めている場合は定年後の再雇用条件について「仕事内容は変わらないのに額面が3分の2や2分の1になる」「裁量がなくなり、モチベーションを維持しにくい」など不安視される声も少なくありません。

これをうけて、現役を引退することに違和感を感じ、定年を前にWワークや副業を開始したり、より活躍できる職場への転職といった選択肢を取る人もいます。

女性の場合でも、子育てや家庭を中心に生活してきたが、子供の独立や夫の働き方の変化などによって自分の空いた時間をつかって地域のボランティアや自分が興味のあるパートを始めてみるといったこれまでと違う活動を行おうとする人もいます。

日本の平均寿命は男性80.75歳(2015年)女性86.99歳(2015年)。

つまり、定年を迎えてから20~25年の時間を過ごします。

年金支給だけでは生活が不安、定年後なにもすることながい。といった心配もつきない現代ですが年を重ねてきたからこそ活かせる仕事や趣味、活動に取り組むことで健康維持や人とのつながりを得て、彩りある日々を過ごしたいですね。

少子高齢化が申告し、社会課題が絶えない日本において、定年世代の時間や経験を活かしたよりよい社会づくりが注目されています。

関連する用語:

定年世代に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。