今さら聞きたい!定年後もスマートに生きるためのネット講座「アドレス取得」

記事を保存しました
定年後もスマートに生きるネット講座

インターネットで通販やSNS、動画サービスなどを楽しみたい!そんなとき、一番最初に必要になるのがメールアドレスです。

メールアドレスは、メールをするためだけのものではありません。インターネットのサービスを使うには、ほとんどの場合においてメールアドレスが必要になります。

なぜSNSなどを使うのにメールアドレスが必要になるのか?既に持っているメールアドレスではいけないのか?

ここではそんな疑問にお答えし、おすすめのメールアドレスや取得方法についてご紹介します。

目次

  • なぜメールアドレスが必要なの?
  • 既にあるメールアドレスではいけないの?
  • おすすめはグーグルのGmail(ジーメール)
  • グーグルGmail(ジーメール)の登録方法
定年後もスマートに生きるネット講座4

なぜメールアドレスが必要なの?

そもそもメールアドレスとは何でしょうか。

「メール」は「手紙」、「アドレス」は「住所」という意味なので、メールアドレスはインターネット上における「自分の住所」になります。メールアドレスは「メールアカウント」と呼ばれることもありますが、同じという理解で問題ありません。

多くの場合、インターネットのサービスを使うには、「アカウント」という会員証のようなものをつくる必要があります。実際のお店などで会員証をつくる際にも氏名や住所を登録すると思いますが、まさにそれと同じです。

つまり、「自分の住所」であるメールアドレスを持っていなければ、インターネットのさまざまなサービスを使うことはできないのです。

定年後もスマートに生きるネット講座2

既にあるメールアドレスではいけないの?

自宅でインターネット回線を契約している方であれば、プロバイダという業者から発行されたメールアドレスを既に持っている方も多いでしょう。

ですが、ほとんど使っていないという方や、メールアドレスを忘れてしまった、という方が多いのではないでしょうか。

それも無理はありません。正直なところ、プロバイダのメールアドレスはお世辞にも使いやすいといえないものが多数。設定方法が複雑だったり、使い方がわかりにくかったり、メールボックスの保存容量が小さかったり、迷惑メールがたくさん届いたり…。

プロバイダの主な商品はインターネット回線そのものですから、付いてきたメールアドレスは「オマケ」くらいに考えておくのがいいでしょう。

プロバイダのメールアドレスでもインターネットサービスは使えるのですが、これからの使い勝手を考えると新しくメールアドレスを作成することをおすすめします。

定年後もスマートに生きるネット講座3

おすすめはグーグルのGmail(ジーメール)

そこでおすすめするのが、グーグル(Google)のメールアカウントです。

グーグルでは「Gmail(ジーメール)」という無料のメールサービスを提供しています。無料のメールなんて怪しいと思う方もいるかもしれませんが、現在は無料のメールアドレスを使うのが一般的になりました。さらにグーグルは世界最大級のインターネット企業ですから、安心して使うことができます。

Gmailの大きな特徴は使いやすさ。

メールアドレスの取得は非常に簡単で、保存できる容量は超大容量。普通の使い方をしている限り、容量が一杯になることはまずありません。また、ほとんどの迷惑メールも自動で防いでくれるので、快適にメールを使うことができます。

新しくメールアドレスを取得するなら、今はGmail一択!といっても過言ではありません。

それでは、Gmailの取得方法を見ていきましょう。

グーグルGmail(ジーメール)の登録方法

ステップ1 「Gmailアカウントの作成」

Google アカウントの作成ページにアクセスし、氏名とメールアドレス、パスワードを設定します。

ステップ2 「メールアドレスの決め方」

Gmailのメールアドレスの場合、@(アットマーク)以下の「ドメイン」と呼ばれる文字列は「@gmail.com」で固定されています。@より前に、好きなユーザー名を記入しましょう。

メールアドレスは実際の住所と同じで、人に見られることも多いので、自分の名前や好きなものなど、個人を特定されやすいものでもそれほど問題はありません。

ただし、既に使われている名前がある場合には登録できないので、別の名前を考える必要があります。

ステップ3 「パスワード設定の注意点」

好きに決めていいメールアドレスとは逆に、パスワードは人から推測されにくいものにしましょう。

個人の名前や誕生日、シンプルな言葉などは避けるべきです。Gmailでは8文字以上で半角英字と数字を組み合わせることが必須となっています。

メールアドレスとパスワードの2つがわかってしまったら、誰でもアカウント(会員証)を使えてしまいます。

乗っ取りや悪用を避けるためにも、できるだけ複雑で推測されにくいパスワードがおすすめです。

ステップ4 「それでも心配な場合は・・・」

Gmailの場合は、より安全性を高めるために携帯電話の番号も登録しておくことができます。ここで電話番号を登録しておくと、ログインする際に携帯電話に数字のメッセージが届き、その数字を記入することで、本人確認を行えるようになります。

また、パスワードを忘れてしまったときのために、別のメールアドレスを登録しておくこともできます。

どちらも必須ではなく、後から設定することもできるので、心配な方は設定しておくとよいかもしれません。

たったこれだけで、Gmailのメールアドレスを取得することができます。

インターネットにはさまざまなサービスがあり、活用すれば人生がもっと豊かになります。
使いやすいメールアドレスを手に入れて、インターネットライフをもっと楽しみましょう!

( ライター・ディレクター / 玉田光史郎 )

タグ一覧

関連する記事Relational

あなたにおすすめ記事Recommend

編集部おすすめ記事 Recommend

enな人々

もっと見る

ランキング Ranking