生老病死

  • 読み:しょうろうびょうし
  • 別名:

生老病死の意味(生老病死とは)

生老病死とは、仏教用語です。生まれること、老いること、病気になること、死ぬことの4つの苦のことをいいます。

苦は「苦しみ」という意味ではなく「自分の思うようにならないこと」の意味で、生きている限りは避けることのできない、この世での人間の苦悩のことです。

仏教における苦というのは、サクスクリット語のドウクハのことです。ドウクハのドウは、悪いという意味、クハは運命や状態を表します。

苦は精神、肉体ともに悩みに逼迫されている状態をさします。

生老病死の実際

四苦は生・老・病・死の四つの苦悩をさしますが、これに愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五蘊盛苦を足して八苦という考え方もあります。

愛別離苦は愛する者との別離、怨憎会苦は怨み憎んでいる者に会うこと、求不得苦は求める物が得られないこと、五蘊盛苦は五蘊、つまり人間の肉体と精神が思うがままにならないことを言います。

四苦八苦という言葉がありますが、非常に苦労するさまや、大変大きな苦しみをあらわす時に使う言葉です。

関連する用語:
タグ:仏教

生老病死に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

注目の記事【PR】

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。