韓国のお墓

  • 読み:かんこくのおはか
  • 別名:

韓国のお墓の意味(韓国のお墓とは)

韓国のお墓とは、土まんじゅうの形の土葬墓が一般的でした。

韓国では、儒教、仏教の他にキリスト教徒も多く、無宗教の人と併せて多くの宗教が存在しています。

経済面で恵まれている人は、一族や家族の墓地として山を購入し、そこに土葬して墓標を立ててお墓としてきました。

墓標は一人につき一基です。2000年に「葬事等に関する法律」が改正され、火葬納骨を普及するさせることが、国や自治体の責務であるとされてからは、休息に火葬率が上がってきました。

韓国のお墓の実際

日本でも江戸時代までは土葬が主流で、火葬が一般庶民に浸透したのは、火葬設備が整いだした昭和に入ってからです。

韓国では、儒教の思想と風水地理思想があり、風水で良いと判断された場所に、一家の山所という墓地を構えるのが、成功した人のステータスでもありました。

火葬は有名人などが積極的に火葬誓約運動を行い、自分の葬儀には火葬にするというキャンペーンを実施しました。

2009年には法律が再び改正され、樹木葬などの自然葬制度が盛り込まれたため、今後は樹木葬公園などの設置計画が進んでいるといいます。

関連する用語:土葬 火葬 儒教

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

注目の記事【PR】

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。