一般焼香

用語を保存しました

一般焼香の意味(一般焼香とは)

一般焼香とは、通夜葬儀親族以外の立場で参列した際に、一般参列者として焼香をあげることを言います。

焼香は、喪主遺族、親戚・近親者の焼香が終わった後に、一般焼香として行ないます。

通夜は、本来は近親者が集まり、故人と最後の時間を過ごすものでした。現在では、平日の昼間に行なわれる葬儀に参列できない人が、仕事が終わった時間帯に行なわれる通夜に参列することも増えており、通夜での一般焼香も広く見られます。

都市部の葬儀では、告別式よりも通夜の方に、多くの参列者が集まる傾向さえ見られるようになっています。

一般焼香の実際

通夜告別式葬儀に参列する際には、会場の決まりに従って、着席を案内されたら、指定された場所に座ります。座席は、一般参列者用に場所が決まっている場合が多いです。

座席に余裕がなければ、立って参列します。

一般焼香は前列の座席に座っている人から順に、焼香を行うのが一般的です。親族の焼香が終わると、一般焼香の順になります。

焼香の方法は、宗旨や地方によってさまざまな決まりがあります。不安な時は、前の人が焼香をしている様子を見て、同じように行うと間違いがないでしょう。

<関連する用語>:焼香 親族焼香 立礼焼香 座礼焼香 回し焼香 指名焼香 止め焼香 抹香

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend