抹香

用語を保存しました

抹香の意味(抹香とは)

抹香とは、葬儀や法事の時に行われる焼香で用いられるお香のことです。

線香が棒状であるのに対し、抹香は粉末状で、古くは仏像や塔に塗ったり散布する使われ方もありました。

かつては安息香(あんそくこう)、甘松香(かんしょうこう)、沈香(じんこう)、川キュウ(せんきゅう)、丁子(ちょうじ)、白檀(びゃくだん)、竜脳(りゅうのう)といった香りの良い香料から作られていましたが、現代では主にの樹皮・葉を乾燥させ、粉末にしたものが広く用いられています。

抹香の例

抹香の実際

抹香をささげる焼香の場合は、親指・人差し指・中指を使って軽く抹香をつまみ、隣の香炉へ静かに落とします。

抹香は粉末状のため散りやすく、屋外焼香など、風がある場所では香炉に落ちる前に散ってしまう場合もありますので、高い位置からささげるのではなく、低すぎるかな?というくらいの位置で焼香することで問題ありません。

目の高さに押しいただく風景を見かけることがありますが、浄土真宗など宗派によって押しいただかない宗派もあります。また抹香を何回奉げるかも宗派により異なります。

とはいえ、葬儀に参列した場合に、焼香の仕方を気にし過ぎることよりも、亡くなった方を偲び、心をこめて焼香することの方が大切です。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend