エンディングパーク

生前予約

  • 読み:せいぜんよやく
  • 別名:生前契約、プレニード・フューネラル・アレジメント

生前予約の意味(生前予約とは)

生前予約とは、生前に葬儀の内容を決めて葬儀社に申し込みをしておくことを指します。

生前契約とほぼ同じ意味として使われることが多く、葬儀社によってもその内容は様々で、用語として混乱している面もあります。

一般的に、生前契約は厳密に契約内容が定められているものの、生前予約は法的な効力がないなどと受け取られている場合もありますが、商品の内容によって、契約内容もまちまちですので確認が必要です。

もともとはアメリカでスタートしたプレニード・フューネラル・アレジメントの訳語として、生前契約という言葉が使われましたが、契約という概念が薄い日本においては、生前予約という言葉が、前後して使われるようになったという経緯もあるようです。

生前予約の実際

1993年に、LiSSシステムが「生前契約」という名称で、プレニード・フューネラル・アレジメントサービスを開始しましたが、1995年にスタートした日本FAN倶楽部での同様のサービスは「生前予約」というネーミングを使いました。

同年にスタートした全葬連のif共済も「生前予約」という名称がついています。

LiSSシステムの「生前契約」と日本FAN倶楽部の「生前予約」は、サービス内容にそれほどの違いはないのですが、名称の上では契約と予約という違う言葉が使われています。

現在では互助会のサービスも生前予約と呼ばれるものがあり、本来のプレニードとは内容に違いがでています。

生前予約も本来は生前契約と同様に、将来いつ起こるかわからないことに対しての契約である性質を理解して、費用は葬儀の後に、その時点でかかった金額を支払い、契約通りの施行が行われなかった場合には、契約不履行になるという内容であるのが望ましいです。

将来その会社が継続している確証もないまま、先払いで支払いなどしないよう、消費者側の注意が必要です。

契約書にサインをする前には内容を確認し、前払いのシステムを利用する際には、かかるリスクを冷静に確認する必要があります。

関連する用語:冠婚葬祭互助会, 事前相談, 死後事務, 少額短期保険
タグ:互助会 , 葬儀・葬式 , 互助会制度 , 葬儀社 , 葬儀屋 , 日本 , アメリカ

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集