プレニード

  • 読み:ぷれにーど
  • 別名:プレニード・フューネラル・アレンジメント, プレニード・フューネラル・プランニング

プレニードの意味(プレニードとは)

プレニードとは生前契約などとも言われますが、生前に本人もしくは家族が葬儀の内容を確認し、費用の支払い方法などを指示して、葬儀社などに契約を結んでおくことを言います。

生前契約の名の通り、契約書を作り、内容を確認の上、前払いで費用を支払うか、没後に生命保険での支払いを行うなど、支払方法を明記します。

もともとは欧米の葬儀に関する契約でPreneedという単語から来ています。

欧米では、自分の葬儀、墓所に関するサービスを生前に決定し、支払しておくサービスがあり、保険会社や葬儀社などを通じて多くの人が利用しています。

プレニードの実際

アメリカの葬儀の15%はプレニードで行われているといわれるほど広まっています。

生前契約は永久保証がついていて、割引額も大きいため、合理的なところから、受け入れられている背景にあります。

日本でも、自分に何かあった時には、自分らしい葬儀をしたいと、費用や内容を具体的に元気な時に選択したり、遺される家族に迷惑にならないように、細かく契約内容を調べて、準備を行おうという人が増えてきています。

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。