プレニード

用語を保存しました

プレニードの意味(プレニードとは)

プレニードとは生前契約などとも言われますが、生前に本人もしくは家族が葬儀の内容を確認し、費用の支払い方法などを指示して、葬儀社などに契約を結んでおくことを言います。

生前契約の名の通り、契約書を作り、内容を確認の上、前払いで費用を支払うか、没後に生命保険での支払いを行うなど、支払方法を明記します。

もともとは欧米の葬儀に関する契約でPreneedという単語から来ています。

欧米では、自分の葬儀、墓所に関するサービスを生前に決定し、支払しておくサービスがあり、保険会社や葬儀社などを通じて多くの人が利用しています。

プレニードの実際

アメリカの葬儀の15%はプレニードで行われているといわれるほど広まっています。

生前契約は永久保証がついていて、割引額も大きいため、合理的なところから、受け入れられている背景にあります。

日本でも、自分に何かあった時には、自分らしい葬儀をしたいと、費用や内容を具体的に元気な時に選択したり、遺される家族に迷惑にならないように、細かく契約内容を調べて、準備を行おうという人が増えてきています。

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend