少額短期保険

  • 読み:しょうがくたんきほけん
  • 別名:ミニ保険

少額短期保険の意味(少額短期保険とは)

少額短期保険とは、10万円単位などの少額の短期保険のことです。

近年、この保険を、万が一の時のために備えて、葬儀代金の準備に活用できるとアピールする商品も出てきています。

葬儀費用の準備に使えるからということだけで決めるのではなく、他の保険と同様、メリットやデメリットをしっかりと認識したうえで加入することが大事です。

少額短期保険の実際

少額短期保険は、糖尿病や介護が必要な状態でも加入ができる場合があり、代表的な葬儀費用の準備の仕組みである互助会と比較検討する人もいます。

実際に互助会でも、積立制度から、保険制度へとくら替えをしていくものも見られています。

一方、高齢者が1年の保険をかけたところ、半年以内に亡くなった場合には、掛け金が戻らないなどのリスクも伴うことになります。

少額短期保険には、保険料控除が適用されない、保険契約保護機構の保護対象ではないことなども、考慮する必要があります。

葬儀をどの程度の規模にしたいか、その規模にあった葬儀をあげるだけの貯金があるかどうかが、少額短期保険をかけるかどうかの判断のしどころとも言えるでしょう。

関連する用語:共済 互助会 死亡保険 割賦販売 生前契約 生前予約

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。