大安

  • 読み:たいあん、だいあん
  • 別名:

大安の意味(大安とは)

大安とは六曜の一つです。

「泰安(たいあん)」を由来としており、大安は「大いに安し」という意味もあり、万事が平穏かつ安泰に進む日とされます。

すべてにおいて大吉である大安を選び、結納や挙式など慶事を執り行なうことも広くみられます。

大安の実際

結婚式の日取りを決める時に、大安をはじめとする六曜を考慮し決めるという方も多くいます。一方、六曜には科学的根拠など存在しないため、縁起担ぎに過ぎないと気にされない方もいます。

大安には、祝い事を執り行なうと良いとされていますが、大安に通夜葬儀そのほか法要を行なっても何ら問題はありません。

浄土真宗では親鸞和讃(わさん)に「日の吉凶を選ぶことはよくない」とあり、六曜で日取りを決めること以前に、六曜にとらわれないとする考え方もあります。

関連する用語:友引 六曜 仏滅 友人形
タグ:六曜 葬儀・葬式

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。