友引

  • 読み:ともびき
  • 別名:

友引の意味(友引とは)

友引とは六曜の一つです。六曜はその他には、大安仏滅などがあります。

友引の日に葬儀をすることはなるべく避けるという風習もありますが、近年では、迷信ということであまり気にしない方も増えています。

東京都内の火葬場の多くは友引の日を休みとしているため、必然的に、葬儀・告別式は友引には行わない状態です。大阪などでは、友引の日も火葬場は運営をしており、友引の日に葬儀を行う方もいらっしゃいます。

横浜の火葬場は、友引の日は、市内の4つの火葬場が持ち回りで休みを決めているので、横浜市内のどこかの火葬場は開いています。自治体によって友引に火葬場を休むかどうかは様々です。

友引の実際

「友引には葬儀をしてはいけないのですか?」とおっしゃる方もいますが、もし気にされる方が家族や親戚にいらっしゃる場合は、葬儀の日程をずらすというのも選択肢の一つです。一方、迷信の一つに過ぎないと、特に気にすることなく葬儀をされる方も増えてきています。

友引の日に、告別式を避けられる方も、お通夜は気にされず行う場合がほとんどです。

仏滅大安も特に気にすることなく葬儀を執り行うことが可能です。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。