手水の儀

  • 読み:ちょうずのぎ
  • 別名:

手水の儀の意味(手水の儀とは)

手水の儀とは、神道葬儀の時に、身を清めるために行うものです。通夜式、納棺の儀式などの前に、式場に入場する際に行ないます。

一般的に水の入った手桶は入口に準備されています。これを御神水といいます。

桶からひしゃくに水をくみ、左手、右手、左手とかけ、最後の左手の水で、口を軽くすすぎます。最初にくんだ水を三回に分けて使います。最後に懐紙で手を拭いて手水の義を終わります。

懐紙やお手拭は葬儀社が準備していることが多いものです。

手水の儀の実際

神道では、神聖な場所に入る前には、水で手と口をすすぎ清めます。神社境内には、手水舎という施設があり、水と柄杓が設置されています。

こうした施設が整っていなかったころは、川で身を清めた場所もありました。

葬儀によっては、手水の儀を省略している場所もあります。

手水の儀に続いて、玉串奉奠が続きます。玉串奉奠は仏式でいう焼香にあたるものです。

関連する用語:後祓いの儀 手水 玉串奉奠 手水舎 通夜式 舎水口

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

注目の記事【PR】

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。