イフ共済

用語を保存しました

イフ共済の意味(イフ共済とは)

イフ共済とは、全日本葬祭業協同組合連合会全葬連)が運営している会の名称で、全国の葬儀社が加盟店となっています。

所定の入会金(1万円)を支払うと会員になり、葬儀の際には、葬儀基本料金の10パーセントが給付されるなどの特典があります。

葬儀にかかる費用は、地域や宗旨で金額が大きく違ってきます。そのため、if共済会加盟店が定めた基本料金に基づいて金額を算出し、その10パーセントの給付になります。

イフ共済の実際

共済という名称から、月々の掛け金が必要な保険や共済のようなイメージを持ちますが、1万円の入会金のみで、月会費などは不要な制度です。

つまり、葬儀社で一般的によく見られる、入会金を生前に支払っておけば、葬儀費用が一定額割引になるという会員制度と同じ仕組みといえるでしょう。

「葬儀基本料金の10パーセントを給付」とありますが、葬儀基本料金が割高に設定されていれば、あまりメリットがない場合もありますので、入会を検討される場合は、事前に見積を取るなどして、納得のうえで入会されることが大切です。

<関連する用語>:全葬連 葬祭サービスガイドライン 葬祭ディレクター 葬祭ディレクター試験

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend