エンディングパーク

本葬

  • 読み:ほんそう
  • 別名:偲ぶ会,社葬,団体葬

本葬の意味(本葬とは)

本葬とは、あらかじめ密葬で身内だけで葬儀を終えた後に、大規模な葬儀を改めて行うことをいいます。

社葬や団体葬など大勢の参列者を見込んだ葬儀や告別式をさします。

社葬などの大規模な葬儀は準備に時間がかかるため、あらかじめ密葬の形で近しい親族のみで葬儀を終えた後に、日を改めて一般の参列者を招いた、大きな告別式が行われる際に使われる言葉です。

有名人の葬儀などでもよく見られる葬儀のスタイルです。

本葬の実際

本葬や社葬は、定まった形式があるわけではないので、比較的自由な形式で行われることが多くなります。

一般的には会社や団体などが主催し、多くの参列者が集まる大規模な会になります。

前もって密葬の際に、故人の宗派にならった授戒、引導などの儀式を済ませておき、当日は家族以外の主催にすることで、一般の参列者にお別れの場をもうけることを目的とします。

偲ぶ会やお別れの会といった宗教色が薄まった本葬もみられるようになっています。

関連する用語:密葬, お別れの会, 社葬
タグ:告別式 , 葬儀・葬式 , 密葬 , 参列

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集