推定相続人

用語を保存しました

推定相続人の意味(推定相続人とは)

推定相続人とは、現状で相続が開始されたとして、相続人なるであろう者をさして使う言葉です。

推定相続人は遺言の証人や立会人にはなれません。

故人に生存配偶者や子どもがいれば、推定相続人ということになります。離婚した元配偶者には相続権はなく、故人が亡くなる直前に再婚をしていた場合でも、再婚した相手には配偶者として、相続財産の二分の一を相続できる権利が発生します。

相続欠格、相続廃除によって相続人の資格を失わなければ、推定相続人が相続を受けることになります。

法定相続分として相続を受ける割合が決まっているので、故人が意思を明確にしない場合には、法定相続分の規定に従って財産分配されます。

この割合は相続人同士の話し合いで、お互いが納得するならば、変更することも可能です。

推定相続人の実際

相続に関して不正な利益を得ようとしたことがわかれば、相続欠格となって相続する資格を失います。

生命侵害行為や遺言行為の干渉があった場合には、相続欠格となります。

また、相続人廃除の申立てをするには、戸籍に記載する必要があり、生前に家庭裁判所に申し立てるか、亡くなった後に遺言の指示に従って手続きを取ることになります。家庭裁判所では調停や審判で審理することになります。

相続には遺留分の保証があり、親子間の感情のもつれを背景にした主観で、故人が相続人を選択指定できるものではありません。

たとえ相続人廃除の申立てを家庭裁判所が認めたとしても、排除された相続人に子どもがいれば、代襲相続人となって財産は次の世代へと受け継がれていきます。

<関連する用語>:公正証書遺言 遺言 相続欠格 相続廃除 相続人 被相続人 遺贈 認知 遺言書

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

家財整理とは?遺品整理となにが違うの?

みなさんは、「家財整理」ってご存知でしょうか? 「遺品整理」や「生前整理」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、それらとなにが違うのでしょうか? ...

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend