鯨幕

  • 読み:くじらまく
  • 別名:蘇幕、黒白幕

鯨幕の意味(鯨幕とは)

鯨幕とは、葬儀の際、式場に張る黒白の縦じまの幕のことです。式場の中だけでなく、建物の周囲にも下げます。

鯨の黒い皮と白い脂肪部分とが、黒白と連なるところから、この名前がついたといわれています。

古来日本では、弔事には白色を使う習わしでしたが、江戸時代ごろから、黒を使うようになり、葬儀における鯨幕の使用は昭和以降に始まったという説もあります。

本来は弔事・慶事に関係なく使用されるものですので、皇室では納采の儀や結婚式などの慶事にも、黒白の幕を使用します。

E0d3d86361213ea6eddef77bede310be

鯨幕の例。白黒の幕です。

鯨幕の実際

神事では、鯨幕の代わりに、青と白の縦じまからなる、浅黄幕が用いられます。鯨幕より歴史が古いという説もあり、地方によっては、浅黄幕を葬儀の際に使うところもあります。

また、皇室関係の行事では、浅黄幕は、新年祝賀の儀、園遊会などで使用されます。

鯨幕を葬儀に使用するのは、比較的新しい習わしとされています。

宮中や神社では、慶事にむしろ鯨幕を使用し、忌事には浅黄幕を用いることからも、二つの幕の歴史的な背景がうかがえるようです。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。