全国のご家族に代わってご供養を~樹木葬霊園 憩い~

[広告企画] 全国からの納骨を受け入れる樹木葬霊園「憩い」 大聖寺樹木葬憩い
大聖寺の樹木葬霊園 憩いとは?

大聖寺の樹木葬霊園 憩いとは?

728年(天平10年)に聖武天皇の勅令によって行基が開山した大聖寺では、樹木葬にて永代供養を行う「樹木葬霊園 憩い」を設けました。

由緒ある寺院の敷地内に全国からの送骨を受け入れ、納骨先、供養に困っている方の救いとなればとご住職様のお考えのもと2018年9月より開始。

daiseiji02

納骨は共同埋葬でご遺骨をひとつの大きなスペースに埋葬します。ご遺骨は納骨袋に入った状態ですので他人の遺骨と一緒にはなりません。

樹木葬霊園「憩い」は全国からの納骨を受け入れます

大聖寺樹木葬霊園「憩い」は全国からの納骨を受け入れます

  

あじさい寺として岡山県の観光名所でもある大聖寺は広大な敷地があり、その一角に樹木葬憩いを設けました。

岡山県外からでも郵便局で所定の手続きに則り、ご遺骨を送付していただければ大聖寺にて納骨、永代供養を行います。   

大聖寺の樹木葬霊園 憩いの特徴

大聖寺の樹木葬霊園「憩い」の特徴

特徴1:2018年9月誕生の樹木葬霊園


大聖寺蓮の花

2018年9月、伝統ある寺院の広大な敷地に誕生した樹木葬霊園「憩い」。1霊7万円で永代供養を行っています。


特徴2:全国からの送骨納骨を受け入れ、納骨式も代理供養


大聖寺ゆうパック送骨

遠方やお体が不自由な方でも納骨できるよう、「郵送」での御遺骨の引取を受け入れています。納骨式もご希望の方にはご家族がお越しになれなくても代理で行います。


特徴3:開山728年、由緒ある寺院「大聖寺」


大聖寺和尚

大聖寺は「歴史あるお寺ではありますが、今回の樹木葬霊園「憩い」をきっかけにお困りの方に広くお寺を開いていければ」と多死社会の中、納骨先に困っている人の一助になることを願われています。

大聖寺の樹木葬霊園 憩いの概要

大聖寺の樹木葬霊園 憩いの概要

埋葬料

70,000円/お一人あたりの埋葬料。
管理志納金不要。

住所

〒709-4214 岡山県美作市豆田414-1

  

電話番号

0120-76-4949(お問い合わせの際に「エンパークを見ました」とお伝えください)

交通アクセス

【車の場合】
  • 中国自動車道・作東インター →国道179号線川北交差点 →県道5号線豊野(脇田橋) → 案内看板に沿って大聖寺へ(約20分)

  • 駐車場 : 普通車100台・バス10台

  • ※ あじさい花祭りの期間中は、交通規制・誘導を実施。

  • ※ 岡山県と兵庫県の県境の山中にあるため、一部のナビで旧道を通るルートが示されることがございます。

  • ※ 県道5号線の豊野から入るルート(大型バス通行可)がおすすめ。

  • ※ 旧道は幅員が狭く危険ですので注意が必要。

[ 公共交通機関の場合 ]
  • 中国ハイウェイバス 作東バス停下車 タクシーで約20分

  • 智頭急行 佐用駅下車 タクシーで約25分

  • ※ 岡山から特急「スーパーいなば」で佐用まで1時間弱

  • ※ 京都・大阪・明石・姫路から「スーパーはくと」で佐用まで 姫路から約40分

  • JR姫新線 美作江見駅下車 タクシーで約20分




【編集部からのヒトコト】

岡山にある由緒あるお寺「大聖寺」。
送骨での納骨を受け入れ、全国の跡継ぎや供養にお悩みの方の助けになればと2018年9月に樹木葬の納骨を開始しました。
納骨の際に親族が集まれない場合でも寺院が納骨を行ってくださいます。
さまざまな事情で納骨ができない人が増える中、弔い、供養していく手助けになればと運営されています。

タグ: 種類 合葬 合祀 岡山 送骨 永代供養 樹木葬

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから