鳥葬

用語を保存しました

鳥葬の意味(鳥葬とは)

鳥葬とは、野山に亡骸を置いて、野鳥についばませる葬法をいいます。

チベット仏教や西インドのゾロアスター教で現存します。

ゾロアスター教の鳥葬では、亡骸を安置するために、沈黙の塔と言われる、石積みの施設があります。

ゾロアスター教では、拝火教の異名があるように、火を神聖なものと考えます。空気、大地、水などの自然環境を、死者や死体で穢すことが禁止されているため、火葬土葬水葬といった葬法を用いることができないので、鳥葬で死者を送るようになったといいます。

沈黙の塔では、鳥葬で骨になってしまうと、中央にある井戸状の穴に投げ込まれます。

鳥葬の実際

チベット仏教の鳥葬は、一般の人や位の低い僧侶を送る葬送で、チャトルとも言われています。

火葬は徳の高い僧侶の葬儀の方法で、罪人は水葬土葬は疫病で亡くなった人のための葬送と限定されています。

チベットでは、鳥葬台に遺体を運び、裁断して血の匂いを漂わせて、鳥が食べやすいようにして、食べ残しのないように工夫します。

鳥葬は遺体を天へ届ける意味があり、天葬、空葬などと呼ぶ国もあります。

<関連する用語>:火葬 土葬 水葬

タグ一覧

あなたにおすすめ記事Recommend

編集部おすすめ記事 Recommend

enな人々

もっと見る

ランキング Ranking