霊験

  • 読み:れいげん
  • 別名:利益, 験

霊験の意味(霊験とは)

霊験とは、神仏が示す不思議な利益や験のことを言います。

現世利益を求める人間の欲求を、超自然的な存在がかなえてくれるという意味で、キリスト教でいう奇跡と似た言葉です。

平穏無事な日常生活を維持し、より豊かな生活ができますようにという願いや、災いや不幸から現状を回復させることを目的とした願掛けに対して、願いがかなうことをいいます。

霊験あらたかという言葉は、神仏による効験がはっきりと表れることを言います。「ご利益があるように、受験の前には霊験あらたかな神社にお参りをする」などのように使います。

霊験の実際

ご利益は利益のことで、自分にとってプラスになることです。現世利益というのは、病気が治ったり、お金持ちになったりと言った、この世で利益になることですが、これを得るためには、まずは善行が必要であるという考え方もあります。

霊験あらたかな神社でお賽銭を入れて初詣をして験を担ぐのは善行ですから、それに対してご利益があるという考え方です。

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。