エンディングパーク

民生委員

  • 読み:みんせいいん
  • 別名:児童委員

民生委員の意味(民生委員とは)

民生委員とは、地域社会で相談援助を行う仕事をする人です。任務内容は民生委員法で規定されています。

3年の任期で自治体の福祉事務所と連携して活動を行い、基本的に報酬は支払われません(無給)。

任務の中には、高齢者や障害者への支援、生活保護などにかかわるものがあり、生活保護者の葬儀についての相談にも乗ってもらえます。

葬祭扶助という死や葬儀にかかわる金銭補助制度があり、民生葬という生活保護受給者の葬儀を行うことができます。

民生葬はシンプルな葬儀である、直葬(火葬のみ)で行われ、生活に窮して葬儀費用が捻出できない人であっても、故人を荼毘にふすことができます。

民生委員の実際

生活保護を受けている独居の親がいる場合は、管轄の民生委員に万が一のことを相談しておきましょう。

亡くなった人が生活保護受給者でも、葬儀を出す喪主に支払い能力があれば、葬祭扶助は受けられません。

また、一般的な葬儀を行い、その一部に葬祭扶助を充てることは認められていません(その場合は、全額の葬儀費用を負担する必要がある)。
葬祭扶助の上限額は自治体によって異なります。

関連する用語:生活保護の葬儀, 葬祭扶助, 民生葬, 納骨堂, 区民葬, 規格葬儀
タグ:葬儀・葬式 , 生活保護 , エンディングの仕事 , 制度

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集