エンディングパーク

区民葬

  • 読み:くみんそう
  • 別名:市民葬

区民葬の意味(区民葬とは)

区民葬とは、規格葬儀の一つで、各区が葬儀の内容を決めて提供する葬儀のことです。

ほとんどの場合、区の職員が実際に葬儀を執り行うわけではなく民間の葬儀社に委託して行われます。

所得制限はありませんが、故人または喪主がその地域に住んでいることを条件として区役所などで申請、または区民葬の取り扱い葬儀社に申し込みます。

区民葬の実際

葬儀内容はセットになっているため、故人や喪主、その家族の考えに合わせた葬儀が行えるというよりは最低限の葬儀を行える内容となっている場合が多いです。

セットに含まれている内容においても、何処までがセットに含まれているのかはその区や自治体によって違いがありますので、申し込みの際に確認をした方がよろしいでしょう。

区民葬はあらかじめ葬儀の内容がセットになっていますが、セットに含まれる以外にも葬儀では必要なものがあり、それらは葬儀社が独自に単価を決めることができるために、必ずしも、区民葬を選んだからといって割安になるというわけではない状況もあります。

関連する用語:規格葬儀(規格葬), 規格葬儀, 市民葬, 生活保護の葬儀, 民生委員
タグ:団体 , 葬儀・葬式 , 葬儀屋 , 葬儀社

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集