来世

  • 読み:らいせ
  • 別名:

来世の意味(来世とは)

来世とは、死んだ後に生まれ変わった世界や人生を言います。

仏教においては、輪廻転生といって「人は死んだら生まれ変わる」と考えられています。この考え方から、一度死んだ後に生まれ変わった次の人生のことを来世といいます。

日本では古くから「あの世」や「閻魔大魔王」、「三途の川」の存在などが宗教観というよりは迷信的に語り継がれており、現在自分が生きている現世以外に、死後の世界や死後の世界と現世をつなぐ世界の存在が信じるともなしに受け入れられてきました。

過去世・現世・来世に関しては、アメリカの預言者エドガー・ケイシーによって欧米でも信じる人が一気に増えたと言われています。

来世の実際

日本で来世を意識する機会になり得るのは今生で辛い別れや大切な人との死別といった場面が多いでしょう。

特定の宗教を信心しない人であっても別れを前に「あの世で会いましょう」、「あの世で待っていてね」という考え方が受け入れられているように、「来世でも会えたらいいね」、「来世でも一緒にいよう」といった考え方をする人も多くいます。

実際に臨終する瞬間や葬儀でのお別れの際などに、残された家族は「またお父さんの子供に産まれたい」、「また来世でも家族になろう」など自然と声をかける人もいます。

来世を信じる、信じないというよりは、その人との絆が強いことから目の前の別れが最後ではなく、次(来世)があって欲しいという祈りが含まれているのでしょう。

また、前世の存在を退行催眠と呼ばれる療法では科学的に研究している人も日本のみならず世界中に存在しています。

関連する用語:現世 前世 未来世 過去世 極楽浄土 三途の川 浄土 寿命

来世に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。