エンディングパーク

事前相談(葬儀)

  • 読み:じぜんそうだん
  • 別名:葬儀事前相談、生前予約

葬儀の事前相談の意味(葬儀の事前相談とは)

葬儀は、故人が亡くなったとたんに準備が始まり、数日のうちには終えてしまうというあわただしいものです。

最愛の人の死期が迫っているといわれても、どうにか助かってほしいと思うのが、人間として当然の感情ともいえます。

時間に追われ、精神的にも疲労困憊した状態で、さらに非日常的な葬儀の知識を持ち合わせていないまま、病院の出入りのところに運搬を任せてしまい、その葬儀社のいわれるままに、流れ作業のような葬儀を敢行するのは不本意だったとなる前に、事前に葬儀社に、葬儀について相談をしておく人も増えています。

生前に葬儀社を選ぶなんて、縁起でもないという人もいるでしょうが、誰にも死が訪れることを考慮すれば、むしろ積極的に自分の葬儀や、愛する家族の葬儀を、計画することは悪いことではないという風潮が、徐々に日本でも根付きつつあります。

自分がしっかりとした意思を持っている段階で、葬儀の際の希望を聞いてもらっておくのが、事前相談です。家族と協力し、話を聞いてもらっておくのも良いし、一人暮らしの自分のための葬儀の準備も整えようと、事前相談する人が増えています。

葬儀の事前相談の実際

一人暮らしで、自分に何かあったときに、葬儀の面倒を見てくれる人がいない、そのため、事前相談で、希望を相談して、そのためにかかる費用を用意しておきたいという人が、増えています。

生前予約を利用して、葬儀の内容、予算、埋葬される墓地なども合わせて準備をする人は、90年代後半から増加しています。

それまでタブー視されがちだった死や葬儀について話したり、考えたりすることが、それほどタブー視されなくなってきたのは、急速に進む少子高齢化社会が側面になっています。

葬儀に関する事前相談だけでなく、老後の後見者の事項、死後の遺言管理などを含む諸手続きや身辺整理なども、あわせて相談、予約できる団体やサービスが注目されています。

遺言や公正証書などの公的な準備同様、葬儀、お墓の心配事も、同時に整理して、第三者にお願いすることが可能というわけです。

また、エンディングノートと呼ばれる、もしもの場合に葬儀、介護、延命治療についての自分の希望を整理して、書き残すためのノートも、静かなブームを呼んでいます。

関連する用語:枕飾り, 祭壇, 白木祭壇
タグ:葬儀・葬式 , 遺言 , 葬儀社 , 葬儀屋 , 病院 , 日本

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集