遺贈の登記原因証明情報とは?

遺贈特集

遺贈を受けて、不動産を移転登記する必要があるときに、準備しなければならない「登記原因証明情報」とは何でしょうか?

登記原因証明情報で必要なものは?

「登記原因」とありますが、「なぜ登記が必要なのか?」という理由のことを指しており、それを証明するための情報を提出しなければいけないのです。これを「登記原因証明情報」といいます。

登記原因が「遺贈」の場合を確認しましょう。

遺贈を証明するための登記原因証明情報として基本的に必要なのは、亡くなった方(遺贈した方)の戸籍または除籍謄本遺言書です。

登記の手続き自体には、登記済証や住民票などの他にも書類が必要となります。

タグ: はじめて 遺贈 登記 手続き 相続 遺言 司法書士

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。