遺贈の登記原因証明情報とは?

記事を保存しました
遺贈特集

遺贈を受けて、不動産を移転登記する必要があるときに、準備しなければならない「登記原因証明情報」とは何でしょうか?

登記原因証明情報で必要なものは?

「登記原因」とありますが、「なぜ登記が必要なのか?」という理由のことを指しており、それを証明するための情報を提出しなければいけないのです。これを「登記原因証明情報」といいます。

登記原因が「遺贈」の場合を確認しましょう。

遺贈を証明するための登記原因証明情報として基本的に必要なのは、亡くなった方(遺贈した方)の戸籍または除籍謄本遺言書です。

登記の手続き自体には、登記済証や住民票などの他にも書類が必要となります。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

カテゴリ別ランキングRanking

定年退職のこと

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend