墓地の種類

墓地は、
民営霊園民営墓地
公営霊園公営墓地
寺院墓地寺院霊園
の3つに大きく分けることができます。

霊園の形態による主な違い

  運営主体 宗教 墓石を建立
できる石材店
販売時期 生前に
購入は?
民営
霊園
公益法人
宗教法人
自由 霊園を開発した石材店や営業権を持つ石材店のみ 随時募集 可能
公営
霊園
地方自治体 自由 公営なので基本的にどの石材店でも可能 年1回など募集期間が決まっている 不可能
お骨保有が条件であること多い
寺院
墓地
宗教法人 制限 お寺にごとに指定石材店がある場合が多い 随時募集 可能

民営霊園(民営墓地)

広告やチラシなどで目にする霊園は、民営霊園が多いです。宗教法人が運営主体になっている場合でも、石材店が霊園開発費用を負担していることがほとんどです。

バリアフリーや法要施設を完備したり、人気のガーデニング風の区域を設けたりと様々な工夫がみられます。

近年は、新規で開発できる場所が都市部には少なくなっていることから、郊外での霊園開発が多く、お参りの利便性なども確認したうえで決めることが大切です。

公営霊園(公営墓地)

永代使用料が比較的安く、宗旨・宗派不問なので人気はありますが、「その自治体の管轄内に現住所があること」「すでに手元に遺骨があること」「公募による抽選で当選した人のみ」などの制限があります。

また応募者による抽選という公営墓地も多く、希望の墓地を求めることができない場合もあります。

公営ですので霊園の運営基盤が安定している一方、大きな区画が多い場合もあります。最近は比較的小さな区画の売り出しもみられるようになるなど変化しています。

寺院墓地(寺院霊園)

寺院墓地を求めることは、その寺院の檀家(だんか)になることであり、宗旨・宗派は寺院の考えに従っていくことになります。

法要の際には、お寺から連絡があるなど、供養について手厚く祀ってもらえます。様々なところにあるので自宅周辺や都市の中など、交通の便が良いところを選ぶことができます。

将来的に、お寺を変える場合は、墓地を返還することが求められ費用負担が発生します。

その他

ペット墓地

ペットと一緒に入ることのできる墓地をお求めになる方が増えてきました。民営霊園などで、特定の区画を「ペット専用区画」として販売している例などがみられます。

永代供養墓

期限を決めずに永代で供養することを前提としたお墓です。家代々の墓地を建立しても、将来、お墓を護る人がいない方などが選ばれてます。よく見られるのは、33年や50年までは個別区画でお祀りして、その後は、合祀をして供養する形式です。

合祀墓(ごうしぼ)

永代供養墓の一つの形態で、お骨を個別区画ではなく、一箇所にまとめて供養する方法です。費用を抑えて納骨できる一方、一度、お骨を納めると他の方のお骨と一緒になるので、個別には取り出すことができないというデメリットがあります。

野墓地(のぼち)

新たに墓地を造る場合は、地方自治体・宗教法人・財団法人のみが造ることができますが、昔から慣習的に地域で管理していた墓地があります。それらは俗称として野墓地と呼ばれ、地域や自治会などで管理が行われています。

タグ: お墓・墓地・霊園 種類解説 合祀墓 ペットのお墓 寺院墓地 石材店 公営霊園 抽選 種類 合祀

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。