お墓の使用権を守るために

記事を保存しました

お墓は家族で代々受け継いでいくものなので、その永続性を守るために霊園では「お墓を使用する上での約束事」を設けてお墓を管理しています。

この約束事を守る限り、墓地の使用権が途中でなくなることはありません。

お墓の使用権を途中で失わないように下記に注意しましょう。

使用権を失う主な理由

管理費の滞納

寺院墓地では護寺会費などとも言われます。

継承の申し出がない

前の管理者が亡くなって新しい管理者になった場合、お墓を継承するためには霊園に申請が必要です。

期限内の建墓

使用権を得て、建墓をしばらくしない方もいますが霊園によっては「○年以内に建墓すること」と、お墓を立てる期間を規則で定めています。(期限のない霊園もあります)

使用権の譲渡

無断で他人にお墓の使用権を譲渡することは禁じられています。

お墓以外の目的での使用

お墓は、墓標を設け、遺骨埋葬する施設です。

改宗

主に寺院墓地で起こるトラブルです。そのお寺と異なる宗派に改宗すると、お寺としては他宗派での供養は難しいので使用権の取り消しや改葬を求められます。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

カテゴリ別ランキングRanking

終活・エンディングのこと

enな人々

もっと見る