無縁社会

  • 読み:むえんしゃかい
  • 別名:

無縁社会の意味(無縁社会とは)

無縁社会とは、家族やコミュニティとのつながりが持てず、孤立して生活をしていく人が増えている状態を、NHKが番組で取り上げた際に使った造語です。

少子高齢化、結婚に対する意識の変化、地縁・血縁といったコミュニティの崩壊などを背景に、社会から孤立する人が増加傾向にあり、社会問題になっています。

核家族化、非婚化の中で寿命は延び、終身雇用制度も機能しなくなってきています。

孤独死が増え、コミュニティがどのように独居で住まう方を見守るかが問題となっています。

無縁社会の実際

日本は、家族や地域のつながりの強い社会を形成してきました。また会社が家族のような役割を果たし、会社の中でも同僚や上司などの絆があった社会でもありました。

現在では、こういった社会のつながりが希薄化し、気楽で自由であると感じる人もいる一方で、相互扶助のシステムが機能しなくなってきています。

無縁社会のような社会状況は、日本に限らず先進国のどこでも見られる現象です。

単身者向けのサービスには、身辺整理や遺品整理などを行う特殊清掃業、保証人になる人がいない人のための保証人代行業、墓友などの新しい動きにも注目が集まっています。

関連する用語:無縁塔 無縁仏 行旅死亡人 墓友 無縁墓 永代供養墓 合祀墓

無縁社会に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

注目の記事【PR】

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。