屏位

  • 読み:へいい
  • 別名:

屏位の意味(屏位とは)

屏位とは位牌のことです。

位牌とは亡くなった方の戒名や没年月日などを記載したもので、仏壇に備えて亡くなった方と思い偲ぶものですが、その位牌にも幾つかの種類があるのです。

ドラマなどのシーンでよく見かけるのは、比較的大きな板位牌で、亡くなった故人一人分の名前が記載されたものですが、それ以外に回出位牌(繰り出し位牌)と言って、装飾されたケースのような形をした位牌入れに10人分の位牌を亡くなった順に入れていく位牌もあります。

また複数の故人を並べて書き入れた位牌もあり、そのような位牌を「屏位」と呼びます。或いは複数の先祖の位牌を並べた棚を「屏位」という場合もあるようです。

Heii kakou

屏位(位牌)の例。

屏位の実際

一般的には亡くなった故人一人一人に位牌を作ります。

しかしあまりに先祖が多く札位牌が仏壇の中に一杯になってしまった場合には、ご先祖の位牌を一枚の屏位にまとめて作りなおすことがあります。

関連する用語:板位牌 回出位牌・繰出位牌 位牌 札位牌 繰り出し位牌 本位牌 白木位牌 塗位牌

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。