「花祭壇」に関連する用語一覧

お別れ花

お別れ花は、葬儀を終えて出棺の際に、参列者が一輪ずつ花を棺に入れる儀式です。故人との最後のお別れの儀式でもあります。お別れ花は葬儀社のスタッフが、白百合や菊などの花をお盆に乗せて参列者の間をまわります。参列者は一輪ずつ花を手に取って、故人の周りに飾っていきます。この際、花は故人の好きだったものを選び、花と一緒に、生前に愛用していたも...続きを読む

平棺

平棺とは、シンプルで表面に装飾のない四角い形の棺です。木製の無垢材でできています。蓋部分が平らになっていることから、平棺と呼ばれています。これに布をはったものは布張棺になり、表面の無垢材に彫刻を施すものもあります。全面彫刻、5面彫刻など、彫刻面の多さで価格が変わってきます。使用する木材の種類によって、ヒノキ、モミ、キリなどさまざまな...続きを読む

葬具

葬具とは、葬式の際に必要な道具の総称です。葬儀はかつては葬列を行っていたため、その際に必要になる道具がさまざまありました。当時の葬具は野道具と言われていました。野道具や仏具から発達した葬具もあります。葬具は一般的に金具のたぐいを用いず、白木や紙でできたものが多くなっています。続きを読む

芳名板

芳名板とは、供花を生花で贈るのではなく、一律の金額を支払うことで、喪家が葬儀に使う生花代の足しにするという合理的な供花方法で用いられます。供花した人の名前は、別途板状のものに書いて、斎場の入り口などに掲示されます。これが芳名板と呼ばれるものです。生花祭壇の場合は、供花は芳名板として金額で受け取って、生花祭壇全体にかかった金額から、集...続きを読む

布張棺

布張棺とは、木製でできた棺の表面を、布帛(ふはく:麻・木綿・絹などの布)で覆ったものをいいます。布帛は、織り、色、柄などでさまざまにバリエーションがあるため、故人にあったものを選べることなどから近年、選ばれる方が増えています。布が持つ柔らかい雰囲気が女性にも好まれ、また、近年増えている花祭壇に合うなどの理由もあります。布張棺の中でも...続きを読む

祭壇

祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします。伝統的に、白木祭壇が用いられてきましたが、近年、花祭壇を選ばれる方も増えています。キリスト教の場合は、お花を飾り十字架を設置します。神式の場合は、祭壇には神饌物(しんせんもの)...続きを読む

白木祭壇

白木祭壇とは、伝統的に用いられてきた葬儀の祭壇の種類です。近年、生花で祭壇を作る花祭壇の広がりに伴い、白木祭壇を選ぶか花祭壇を選ぶかという選択肢も出てきています。元々、土葬をしていた時代に、棺を輿(こし)に入れて皆で担いで、野辺送りをしたことに由来しています。(白木祭壇の最上部に、実際に棺を納めることのできる「本輿(ほんこし)」とい...続きを読む

花祭壇

花祭壇とは、近年増えている祭壇の種類で、従来の白木祭壇ではなく、お花で飾られた祭壇のことをいいます。生花で祭壇を作ることは以前は費用がかかることでしたが、葬儀社や生花店の企業努力などで抑えた費用でも祭壇が設営が可能になっています。また、白木祭壇に対するイメージの低下もあって、同様の価格帯ならば、花の祭壇を選びたいという方も増えていま...続きを読む

編集部おすすめ記事 Recommend

enな人々

もっと見る

ランキング Ranking