働く若い世代の子育てをサポート「病児保育スタッフ」【50代60代のお仕事図鑑】

記事を保存しました
病児保育スタッフ

定年世代の「病児保育スタッフ」の仕事内容は?

「病児保育スタッフ」とは、病気・病気後や怪我などで保育園や幼稚園など保育施設に預けられない親御さんに代わって、子どもたちのお世話をするお仕事です。

病児保育といえば、病院内の小児科病棟の一角に託児所を設けて行う「病院内保育」がよく知られています。ですが、受付時間が決まっている、施設不足のための定員オーバー、家の近くに施設がないなど、気軽にサービスを受けることは難しいと言われていました。

そんな声を受け、最近ではご自宅への訪問スタイルなど、ニーズに合わせた多様な病児保育サービスを提供する企業が増えています。

訪問スタイルの病児保育サービスは、親御さんだけでなく子どもたちにも負担が少なく、安心できる病児保育サービスとして好評です。

病児保育スタッフの仕事内容

・病気や病後の子どもたちのお世話
 静かな遊び/体調の観察 など
・親御さんが用意した食事を食べさせる
・依頼に応じて医療機関への受診
・依頼に応じて幼稚園・保育園のつきそい
など

「子どもの急な発熱だけど、仕事を休めない・・」という働くパパママたちをサポートでき、心から感謝をいただけるやりがいのあるお仕事になります。


こんな人が「病児保育スタッフ」に向いています!

こんな人にオススメです

・子どもが大好き
・人と話しをすることが好き
・地域密着で働きたい
・地域や福祉の力になりたい
・聞き上手
・お世話をすることが好き
・子育ての経験
介護の経験
・保育士・看護師・介護士の資格
・明るく朗らかな方
・絵を描く・音楽が好き
など

定年世代のスキルは活かせる?「病児保育スタッフ」に必要なスキルは?

体調の良くない子どもたちは、グズったりなど不機嫌な場合もあります。そんな時に優しく対応するためには、子どもに寄り添った保育をすることがなにより大切です。

もちろん保育士や看護師資格を持っている方は大歓迎ですが、近年の傾向では、子育て経験のみの方も多く活躍されていること。実際に子どもを育てた経験を持つ人の「安心感」が利用者さんに好評を得ています。

また、お世話好きな方、お話し上手な方、絵を描いたり読み聞かせが得意な方などにもオススメです。

家事や育児・介護を経験してきた主婦の方、若いママが安心感を感じる子育てを終えた定年世代の方にピッタリのお仕事になります。

<活かせるスキル>

□ 子育て経験
□ 家事の経験
□ 保育士資格
□ 看護師資格
□ コミュニケーションスキル
□ 人生経験
□ 栄養管理の知識
□ 保育知識
□ 語学
□ 福祉・介護の経験
など

実際に働く「病児保育スタッフ」の体験談・感想

【やりがい体験談】

困っている親御さんのチカラになれることが何より嬉しいです。私も子育てをしながら仕事をしていましたが、子どもが急に体調を崩すことも多く本当に大変でした。そんな経験を若いママにはしてほしくないと思っています。子どもたちはとても可愛いですし、私もとても楽しいです。みんなが幸せになるお仕事だなと感じています。(50代 女性)

<こちらの記事もおすすめ>

「50代・60代からは無理なく人の役に立つ仕事しませんか?」

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

あわせて読みたい

カテゴリ別ランキングRanking

定年退職のこと

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend