勉強が苦手な生徒を1対1で指導「ホームティーチャー」【50代60代のお仕事図鑑】

記事を保存しました
ホームティーチャー

定年世代の「ホームティーチャー」の仕事内容は?

「ホームティーチャー」は、その名のとおりお家で先生として指導するお仕事です。生徒が先生の自宅へ通うスタイルの学習教室で教える先生になります。

主に勉強が苦手な生徒さんや、学校や塾に馴染めない子どもたちへ、学ぶことの楽しさとともに、一人ひとりにあった細やかな指導をマンツーマンで行います。

生徒さんは小学生から中学生で、学習内容は基本レベルの指導が中心です。

自宅でのお仕事なので、家事や育児・介護などと両立も可能です。自由な隙間時間を使って働けるため、主婦の方もたくさん活躍されています。

生徒さんの特性上、優しく包容力のある定年世代のホームティーチャーが人気です。人生経験豊かな定年世代の細やかな気配りは、生徒さんだけでなく保護者の方々からも好評で感謝の言葉をいただくことも多くあります。

ホームティーチャーの仕事内容

・1対1マンツーマンで勉強を指導
・対象は小学生・中学生
・子どもたちの相談相手
・良き理解者として寄り添った指導
・保護者の相談相手 など

勉強のみを教える家庭教師とは少し異なり、子どもたちの良き理解者として寄り添った指導ができます。子どもたちの成長を感じながら、一緒に喜びを分かち合うことができるやりがいあるお仕事です。

こんな人が「ホームティーチャー」に向いています!

こんな人にオススメです

・教えることが好き
・お話を聞くことが好き
・優しくておだやか
・人と話しをすることが好き
・相談しやすいと言われる
・地域の力になりたい
・子どもが好き
・教師・塾講師の経験あり
・子育ての経験
・お話し上手
・聞き上手
・誠実な人


定年世代のスキルは活かせる?「ホームティーチャー」に必要なスキルは?

子どもたちに慕われるためには、優しく指導する包容力とおだやかで落ち着いた雰囲気が好まれるため、人生経験がある方・定年世代に適したお仕事です。

学校の先生や塾講師の経験はもちろん、保育士や介護の経験も活かすことができます。子育て経験を活かせる主婦にもオススメです。

また、心理学やメンタルケアの勉強をされていた方、福祉などを学んでいた方なども、子どもたちに寄り添った指導ができると思います。

<活かせるスキル>
□ 教師の経験
□ 塾講師の経験
□ 保育士
□ 子育て経験
□ 人生経験
□ コミュニケーションスキル
□ 相談員
□ メンタルケア等の資格
□ 心理学
□ 福祉や介護の経験
□ 勉学や専門分野に精通
など

実際に働く「ホームティーチャー」の体験談・感想

【やりがい体験談】
小学生から中学生まで幅広い子どもたちを指導していますが、マンツーマンなのでそれぞれに個性があってとてもやりがいがあります。指導していくうちに少しずつ心を開いて家庭や学校での悩みを話してくれるようになったり、徐々に成績が上がってきたりなど、たくさんの喜びがあります。子どもたちと一喜一憂しながら一緒に成長することができる、とても素晴らしい仕事です。(50代 女性)

<こちらの記事もおすすめ>

「50代・60代からは無理なく人の役に立つ仕事しませんか?」

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

あわせて読みたい

カテゴリ別ランキングRanking

定年退職のこと

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend