納骨堂のお参りにはお供え物は持参していいの?

記事を保存しました

室内型のお墓納骨堂では、石のお墓のお参りのようにお花やお供えを持参することは可能なのか?を解説します。

納骨堂のお供え物・お花

納骨堂によってはお供え物やお花も不可

納骨堂と一言に言っても、納骨堂の規模や管理会社、宗教者の考え方によって各納骨堂、使用規則やお参りのマナーやルールは異なります。

納骨堂のお参りのルールは大きく以下の3つのパターンに別れます。

お花、お供え、蝋燭、線香など全てOK

お花とお供えはOK、火気は全てNG

お花、お供え、火気全てNG


納骨堂は、跡継ぎが必要な霊園とは異なり、寺院などが永代供養を行うことで、無縁仏にならずにすむことや比較的お参りに行きやすい場所にあることから昨今都心部を中心に注目されているお墓の1種です。

この「お墓の1種」という認識から、「お供え」や「お花」、「線香」など石のお墓ではあたりまえのお参りについて契約前に確認しなかったことで「納骨後にお参りに行ったら供物やお花がお供えできなくて後悔している」という声も聞こえてきます。

納骨堂見学の際にはお参りのルールを確認しましょう

せっかく決めた納骨堂を後悔しないためにも見学の際には建物の綺麗さや価格だけではなく、実際に納骨してからのことをしっかり確認しましょう。

お花、お供えは持参していいのか?持参していい場合、持ち帰る必要があるのか?

線香はあげることができるのか?

お盆やお彼岸などお参りシーズンにはスムーズにお参りができるのか?

法要を依頼する場合はどのくらい御布施が必要で、予約はいつからできるのか?

法要の食事は納骨堂がある施設でできるのか?


などは最低限、確認することをおすすめします。

お墓は、お参りするための場所なので、契約した後の納骨の段取りから日常のお参り、お盆やお彼岸といった特別な時期のお参り、都度の法要についてなどをきちんと確認したうえで納得のいく納骨堂に決めることが大切ですね。

タグ一覧

関連する記事Relational

編集部おすすめ記事 Recommend

enな人々

もっと見る

ランキング Ranking