公営の納骨堂の特徴とは

記事を保存しました

市が運営する納骨堂の特徴は?

公営の納骨堂は、施設よりも申込み方法に特徴があります。

自治体の申込み条件を満たした方のみが申込むことができます。また募集定員よりも希望者が多い場合は抽選になります。申し込んだからといって必ずしも入れるわけではないのです。

条件の中には、「ある期間からその地域に住所があり、在住していること」や「葬儀の際に喪主を務めた人」、「すでに遺骨が手元にある人」など様々です。また、自治体によっては本人が納骨堂を希望していれば、生前の申込みを受付けているところもあります。

募集要項に関しては、市の広報誌や公式ホームページに掲載されていることが多いです。随時受付けているところもあれば、一定期間のみ募集を受け付けていることもあります。

申込みには世帯の住民票、埋葬許可証などが必要な書類があるので、しっかり募集要項を確認しましょう。

お寺や民間の納骨堂と何がちがうの?

自治体が管理しているので、費用が抑えられる点が特徴です。個別のロッカータイプのものもあれば、一箇所に骨壷を納めたり、合祀したり、などと民間の納骨堂と同じように様々な形式があります。

お参りに関しても、納骨堂の中央に参拝を行うスペースがあり、間接参拝を行うなど、納骨堂ごとに違います。

一般の寺院と大きく違うのは、宗旨宗派を問わないこと、比較的費用を抑えて利用ができることと、その地域に住んでいることが条件となる点でしょう。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

カテゴリ別ランキングRanking

終活・エンディングのこと

enな人々

もっと見る