相続手続で困った際の相談先早見表

相続手続きを行う時に家族が困るのは各手続きです。項目数が多いうえに専門家に頼らなければ解決できないケースも少なくありません。

ですが、普段馴染みがないことなだけに弁護士、税理士、会計士、司法書士などどのプロに相談すればいいのかわからないことも。

ここでは各項目ごとに相談する専門家の職業をご紹介します。


相続手続の相談先、早見表

遺言書の作成

弁護士、司法書士、公証人(公正証書遺言)、行政書士

相続税の申告

税理士

不動産の相続

司法書士

遺産分割手続き

弁護士、司法書士、行政書士

遺産分割協議の代理人

弁護士

相続税の対策(生前)

税理士、公認会計士

専門家の選び方

いざ、専門家に頼るとなれば心当たりがなければ適切な専門家に出会うことも用意ではありません。

一口に弁護士や司法書士といっても「相続」に関する案件に携わったことがない専門家もおり、人によって得意な案件の性質が異なります。相談の際は過去の案件で似たような事例があるか?など確認のうえ依頼するのが良いでしょう。

専門家に依頼するということは費用が発生します。そのことから敬遠される方もいますが、相続は法律に則ってすすめていくため、タイミングや状況によっては手遅れになることも少なくありません。

また、「相続」が発生した状況(子供がいない方が亡くなった、離婚歴があった、財産が不動産しかない、など)によっては専門家を頼ることで心身の負担がまったく異なりますので少しでも気になることがある場合は各事務所の無料相談を利用して相談するのも良いでしょう。

タグ: 専門家 相続対策 相続

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。