介護離職

用語を保存しました

介護離職の意味(介護離職とは)

介護離職とは、自分の両親や親族介護をする為に会社を辞めるということです。

親の介護をしながら仕事をすることはとても大変なため、仕事を退職するケースが増えています。介護による退職後は、介護による制約で新しく仕事に就くことも難しく、結果的に貯金を切り崩して生活することがしばしばあります。

介護の為に仕事を辞めて専念するか、介護と仕事を両立するかは決めるのが難しいかもしれません。

介護離職は、自分自身で悩んで決める人が多いといわれていますが、一人で悩むだけではなく周りの人の意見を取り入れてみるといいでしょう。家族や親戚、会社の上司や友人などの意見を聞くことで、一人では思いつかなかった意見が出てくるかもしれません。

一人で悩まないことがまずは大切です。

介護離職の実際

仕事介護の両立をするには、介護の協力者が必要です。費用はかかりますが、介護士に依頼したり、老人ホームなど選択肢はさまざまです。ただし、介護される本人が、介護士に診てもらうことや老人ホームに入ることを嫌がる場合も少なくありません。

介護される本人が自分以外の介護をなかなか受け入れられない場合、自分が介護するしかなくなり、退職を余儀なくされることがあります。介護は、精神的にも辛くなり、肉体面でも負担が増えてくるので大変ハードなことです。

介護で離職した後は、収入がなくなるだけでなく、一定期間のブランクが発生して再就職が決まりにくかったり、介護離職によって社会との接点が減って孤独を感じたり、難しい面もあります。

そのため、離職をせずに介護ができるよう、介護休業・介護休暇制度を国や会社が取り組みも厚くなってきました。休業期間の延長や就業時間の短縮などもあり介護離職を減らそうという制度が広がってきています。

周囲と相談して介護をする人にとっても無理のないように、介護離職をせずに介護も仕事も続けられるように準備をしておくことが大切になってきます。

<関連する用語>:

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend