返還墓地

用語を保存しました

返還墓地の意味(返還墓地とは)

返還墓地とは、墓地で返却されて再募集するお墓の区画に用いられる用語です。

主に用いられる場面としては、公営墓地などで区画の公募が発表された際などに「返還墓地」と記されています。

墓地を使用している人が、別の墓地を求めたり、次の世代で墓を受け継ぐ人がいないなどの理由から、墓地の使用権利を返還すると、その区画は再募集の対象になります。

日本において墓地・埋葬に関しては、墓地埋葬法により都道府県知事に許可を得た場所にしか埋葬してはいけない決まりになっています。

一般の人は遺骨の埋葬のために土地を霊園管理者にあくまで借りる契約ができるのみであり、土地所有という意味で「墓を買う」ことはできません。

このためお墓を契約しても、墓地には使用権、墓石そのものに対しては所有権は発生します。

返還墓地の実際

墓地を返還する場合は、自治体に届けを出す必要があります。

また、返還の際には改葬や墓石、墓碑などの撤去が必要になります。石材店に見積もりを取り、撤去費用の確認が必要です。

届けを出す場所は、その墓地を管轄している自治体の生活総務課、霊園管理事務所、寺院などです。

手続きには墓地返還届けの用紙の他に、墓地使用許可書、印鑑登録証明書などが必要になります。事前に必要書類を確認して、もれのないように準備をしましょう。

墓地を返還する際には一般に、それまで支払った永代使用料は戻ってきません。また、墓地は第三者に転貸し、転売などを行うことはできません。

返還の際には遺骨の行き先をどうするかを考える必要もあります。墓守がいない場合は永代供養が可能な霊園や納骨堂に改葬するなどの選択を検討し、墓守がいる場合は管理する人がお墓まいりにいける場所で新たにお墓を設けることを検討することになります。

<関連する用語>:墓地 霊園 墓地埋葬法

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend