認定死亡

用語を保存しました

認知死亡の意味(認知死亡とは)

認定死亡とは、災害や事故が起こり、死体が確認できないため生死が不明のままの人を、亡くなったものと推定し、法律上は死亡したものとして扱うことをいいます。

水難や火災、飛行機事故など、状況的に死亡したとされる可能性が高く、なお遺体が見つからないケースでは、取り調べにあたった警察署長、海上保安庁などが死亡の認定を行います。

認定死亡の手続きが終わると、戸籍上は死亡扱いとされ、推定死亡時刻が記載されます。

認知死亡の実際

認定死亡の手続きを取れば、婚姻が解消されるため、再婚することも可能になります。

また、遺族相続を開始することもできます。

死亡保険金がある場合は、保険会社は認定死亡の報告を受ければ、保険金を遺族に支払うことになります。

認定死亡においては、後になって正確な死亡日時がわかった場合や、死亡と推定された人が生きていることがわかった場合には、戸籍の訂正が行われます。

その際には遺族が相続した財産は、返却する必要も出てきます。

<関連する用語>:失踪宣告 職権消除 高齢者消除

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend