エンディングパーク

思い出コーナー・メモリアルコーナーと事例紹介

参列した葬儀で、式場の一部に生前のお写真や洋服、故人の好きだったものが飾られている様子をご覧になったことはあるでしょうか。

それは、「思い出コーナー」「メモリアルコーナー」と呼ばれるものです。

思い出コーナーとは?

故人の思い出のお写真や愛用品などを飾るコーナーです。

思い出コーナーの例
思い出コーナーの例

親族はもちろん、会葬者の方に見ていただくことで「あの時はああだったよね」と思い出話に花が咲き、故人との思い出をふり返りながらお別れが出来るでしょう。

お経をあげて焼香をする時間だけが葬儀ではありません。お式が始まる前、終わった後の雑談も含めて皆で故人を偲ぶ大切な時間です。

思い出コーナーは比較的関東地域でよく見かけられます。関東は関西に比べ、ご逝去されてからお式まで比較的時間があるということもあり、家族がゆっくりとお写真や思い出の品を考える時間があるということも要因の一つかと思います。

この「思い出コーナー」を設置するかどうかは、葬儀社によって差があり、積極的に取り組んでいる葬儀社もある一方、全く対応をしていない葬儀社もあります。無料で対応する葬儀社もある一方、有料で対応しているなど費用に関しても様々です。

家族ごとの思い出コーナーのかたち

思い出コーナーは故人・家族らしさが反映されます。いくつか実際に葬儀で飾られた事例をご紹介します。


お酒が大好きだったお父さん

お酒の注がれたグラスをお持ちになったお写真や、愛飲されていたお酒の数々を飾られました。

思い出コーナーその1

お気に入りの洋服とともに

大好きなお花に囲まれて、お気に入りの洋服を着られている姿が思い出されます。

思い出コーナーその2

愛用品に囲まれたおじいちゃん

読書が趣味だったおじいちゃんの大切にしていた本の数々、お孫さんとの沢山のお写真を遺影写真の額に飾り、式場の入口に置き会葬者の方を迎えられました。

思い出コーナーその3

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集