古希

用語を保存しました

古希の意味(古希とは)

古希とは70歳のことで、古希祝いは70歳の長寿のお祝いです。

中国の詩人・杜甫の詩「人生七十古来稀也(70歳まで生きる人は古来よりまれだった)」に由来しています。本来は「古稀」という字でしたが、今日では長生きしてほしいという希望の気持ちも込めて「古希」という字を用いるようになりました。

数え年で祝うとされてきた長寿祝いですが、現代では満年齢で祝う場合が増えており、古希祝いは70歳の誕生日に行う方が多くなっています。古希のテーマカラーは高貴な色とされる紫色です。

古希の実際

長寿化が進んだ現代では60歳を過ぎて働く人は多く、60代は高齢者という実感がなくなってきています。そのため61歳の還暦祝いよりも70歳の古希のお祝いを盛大にやるケースが増えています。

長寿祝いの贈り物として、ちゃんちゃんこや座布団、花束などに紫色を取り入れるとよいでしょう。まだまだ若々しい方も多いので、年寄り扱いをするような贈り物より趣味やファッションアイテムが好まれます。

元気なうちに家族で温泉旅行をしたり、自宅やレストランでの食事会、孫からのプレゼントや手紙も喜ばれます。贈り物の熨斗の表書きは「古稀御祝」「長寿御祝」とするのが一般的です。長寿祝いは何度も繰り返したいおめでたいお祝いなので、水引きは蝶結びを選びましょう。

<関連する用語>:

タグ一覧

注目の記事【PR】

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend