エルダー

  • 読み:えるだー
  • 別名:高齢者,50歳以上,シニア,ミドル

エルダーの意味(エルダーとは)

エルダー(elder)とは 英語で、日本語に訳すと年長、年上、先輩という意味。

日本においては「高齢者」や「シニア」「ミドル」を指す意味としてしばしば使われています。

現代では「中高年」や「シニア」という呼称に対して実際の50.60代が心身共に若々しく、社会参加も積極的なことからより実態に伴った呼び名の1つとして「エルダー」が用いられるようになりました。

エルダーの実際

日本ではエルダーは主にビジネスの場面で2つの使われ方をしています。

1つは50歳以上の中高年層を現す言葉として利用されています。消費や活動に積極的な中高年層を「エルダー層」などとしています。

もう1つは会社における人事制度「エルダー制度」として聞かれます。

新入社員に対して、実務や指導をはじめ、職場生活における精神的なケアも含めて対応してくれる先輩社員をつける制度です。

類似制度としては「メンター制度」があります。

また、昨今では高齢者の延長雇用の制度として65歳以上も活躍できる「エルダー制度」を設ける会社もあります。

関連する用語:

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。