ハヌカ

  • 読み:はぬか
  • 別名:光りの祭り

ハヌカの意味(ハヌカとは)

ハヌカとは、ユダヤ教徒のお祝いです。

ユダヤ歴のキスレウ月の25日から1週間を祝います。光りの祭りとも言われ、ハヌキヤという8枝の燭台を飾り、ひとつずつ、毎晩灯をともしていきます。

子どもには、8日間毎晩小さいプレゼントをひとつずつ、最終的には8個もらうことになります。クリスマスツリーに良く似たハヌカー・ブッシュを飾ったり、クリスマスキャロルの代わりに、ハヌカソングを歌ったりもします。

伝統的にハヌカになかった習慣も、クリスマスの習慣の影響を受けて、新たに取り入れられてきています。

ハヌカの実際

ちょうどキリスト教徒がクリスマスを祝う12月にハヌカのホリデーも重なります。毎年日付はずれていくものの、12月初旬から中旬にかけて行われます。

スフガーニャーというジャムの入ったドーナツなど、ハヌカで食べる伝統料理もあります。

この時期、多民族が生活する国では、どんな宗教の人にも配慮する表現で、メリー・クリスマスではなく、ハッピー・ホリデーという言葉を用いることが増えています。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。