エンディングパーク

熨斗あわび

  • 読み:のしあわび
  • 別名:うちあわび

熨斗あわびの意味(熨斗あわびとは)

熨斗あわびとは、あわびを薄く切って、長く伸ばして干したものです。

かんぴょうを作る時のように、外側から長くむいて乾燥させて作ります。水洗いをして乾燥させ、生乾きの状態で重しをつけて引き延ばして、さらに乾燥させて商品化します。

保存食のひとつでもあり、お祝いの席に贈り物として広く用いられてきました。儀式の時の酒の肴に使われたものです。現在では祝儀の際の贈り物に添えて使います。

熨斗あわびの実際

古くから、あわびは長寿をもたらす食べ物と信じられ、縁起物として神饌に使いました。

縄文時代の貝塚からも、あわびは出土されています。仏事では、生臭ものと言われ、精進料理には魚介類は用いませんが、それ以外の贈答品は、精進ではないという意味で、あわ びや昆布、さざえ、鯛などをのして添えるようになったという説もあります。

熨斗は伸ばして干してつくる「熨斗あわび」「のし昆布」などから来た言葉だとも言われています。贈り物に熨斗が添えられているのは、品物の無害と送り主の気持ちを表したものです。

関連する用語:不祝儀袋, 御霊前, 香典, 水引, 香典袋, 熨斗
タグ:葬儀・葬式 , 法事法要 , 葬儀マナー , 香典 , お酒

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集