エンディングパーク

【メディア掲載】朝日新聞で紹介されました - 2014/9/4

2014年(平成26年)9月4日 朝日新聞朝刊 にてエンディングパークが紹介されました。

20140904_朝日新聞
2014年(平成26年)9月4日付 朝日新聞朝刊

無縁墓にしない」都会へ移す

地方から都会へ、お墓の引っ越し「改葬」をする人が増えています。過疎化、少子化でお墓を守り継ぐ支え手がいなくなり、血縁に頼らない新しいスタイルのお墓も広まっています。あなたはご先祖の、そしてご自身のお墓をどうしますか?

大阪府枚方市の男性(71)は昨年、実家のある岡山県山間部の墓を引き払い、両親や祖父母の遺骨を大阪市内の墓地に移した。  年1~2回、岡山に帰って墓の世話をしていたが、体がきつくなった。東京で暮らす40代の娘が1人いるが、男性が他界したあと岡山の墓の世話をするのは「きつい」と訴えていた。それで改葬を決意した。

~~~

最もグレーなの が、元の寺に払うお金だ。

墓や葬儀の情報サイト「エンディングパーク」を運営するアクトインディの泉水亜沙美さん(28)は「高くても20万円くらいではないでしょうか。普段からお寺と関係づくりをしておき、引っ越す場合は前もって相談することをお勧めします」と話す。(記事から一部抜粋)

また、2014年(平成26年)9月5日 朝日新聞朝刊 にてエンディングパーク推薦専門家である実相寺 青山霊廟(岩田貴智氏)が紹介されました。

20140904_朝日新聞
2014年(平成26年)9月5日付 朝日新聞朝刊

元気なうちに家族と相談

家族で代々受け継ぐ石の墓に代わって、さまざまな埋葬のかたちが出てきました。新しい選択をした人たちを通して、それぞれの特徴を取材しました。

~~~

墓石を持たない選択として、ロッカー式の納骨堂も需要がある。東京都の女性(66)は昨年、神奈川県内にあった墓を引き払い、先祖の遺骨を臨済宗実相寺青山霊廟(れいびょう)(東京都港区)の納骨堂に移した。魅力は地下鉄外苑前駅から徒歩2分の駅チカ。室内にあり、お参りは天候に左右されない。掃除も不要だ。「無縁墓になる心配がなくなったのもありがたい」

青山霊廟の納骨堂には個人向けのロッカー式のほか、夫婦2人用や家族全員が入る「家族壇」などがあり、価格は24万~600万円。代々受け継いでいくタイプと、期限がくれば遺骨を合葬墓に移すものがある。(記事から一部抜粋)


【取り上げられた記事に関連する参考情報】
特集 改葬、故郷のお墓をお引越し
四季を感じる納骨堂~実相寺 青山霊廟~

エンディングパーク内で
改葬に関する記事を検索する
納骨堂に関する記事を検索する

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集