ケアマネジャーとは?

記事を保存しました
ケアマネジャーとは、介護支援専門員のことです。

介護を考えるときに、聞くことが増えると思いますが、どんな役割なのか、どこで出会えるのでしょうか?

ケアマネジャーとは?

介護を必要とする人と福祉・医療・保健のサービスとを結ぶ架け橋のような存在です。

介護保険法で、要支援、要介護認定を受けた方とその家族から相談を受け、介護サービス計画(ケアプラン)を作成して、居宅サービス事業者や施設等との間に入り、連絡や調整を行ったり、介護保険の給付管理を行うなど、重要な役割を担っています。

ケアマネジャーとの出会い次第では、介護生活のストレスを軽減させることもできますから、相性の良い人を探したいところです。

ケアマネジャーとどこで会えるの?

ケアマネジャーが所属する場所としては、
・居宅介護支援事業所(地域包括支援センター
・市町村の保健福祉センターや保健センター
・介護保険施設(特別養護老人ホーム、老人保健施設、療養型医療施設)
・有料老人ホーム、グループホーム、ケアハウス

独立してケアマネジャーをしている人は、少数です。

ケアマネジャーを探すには、自治体の介護保険課や地域包括支援センターで、ケアマネジャーのリストをもらったり、友人や知人にホームヘルパーさんがいれば、おすすめのケアマネジャーを教えてもらったり、かかりつけ医に相談してみると、病院との連携が得意なケアマネジャーや介護事業者を紹介してもらえることもあります。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

家財整理とは?遺品整理となにが違うの?

みなさんは、「家財整理」ってご存知でしょうか? 「遺品整理」や「生前整理」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、それらとなにが違うのでしょうか? ...

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

カテゴリ別ランキングRanking

家族のこと

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend