介護施設の種類

記事を保存しました

介護施設には、入所介護型老人施設や、在宅介護型老人施設があり、介護保険が使える施設と使えない施設があります。

介護施設を利用するに際して、費用や利用が可能な条件、受けられるサービスの内容などは、さまざまです。

介護保険が適用される介護施設

短期入所生活・療養介護(ショートステイ)
訪問介護(ホームヘルプ)
在宅介護支援センターや高齢者生活福祉センター
通所介護(デイサービス)
通所リハビリテーション(デイケア)
などです。

入所介護ですと、
介護老人保健施設
グループホーム
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
介護療養型老人保健施設(新型老健)
などになっています。

介護保険が適用されない介護施設

入所介護施設では、
有料老人ホーム
軽費老人ホームA型(食事サービスが付いている)
軽費老人ホームB型(食事は自炊)
軽費老人ホーム C型(ケアハウス)
養護老人ホーム
などがあります。

民間経営の有料老人ホームには、介護付きのものもありますが、介護が必要になったら退去するところもあります。健康型有料老人ホームと呼ばれる施設です。

介護保険が使える入居介護老人施設は、費用負担が軽減されるメリットがある反面、希望者が多く入居までの待機期間が長いことがデメリットとしてあげられます。

施設の特徴やサービス内容は、事前に確認しましょう。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

カテゴリ別ランキングRanking

家族のこと

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend