還暦式

用語を保存しました

還暦式の意味(還暦式とは)

60歳以降の人生を豊かにするための情報や交流の場を提供し、生涯学習の環境を整えてそれぞれの人の能力や技能、経験を活かし、活性化につなげようと、民間団体や自治体が始めたのが「還暦式」です。

2005年に壱岐市で始められたのを皮切りに、多くの自治体で開催されるようになっています。

還暦祝いといえば、還暦(60歳)という節目である長寿に達したことを祝うことをいいます。

人生や仕事において様々な経験を重ねてきた労をねぎらい、感謝し、以後の健康や長寿を祈るものとして、家族や身近な人々の間で行われてきました。

しかし、医療の発達や生活の向上によって平均寿命が延びた今、60歳はまだ若く、新しいことを始めるにも十分な年齢になっています。

そこで、還暦を迎えた人々のそれまでの人生を祝うとともに、第二の人生の門出を祝う機会という意味で「還暦式」を行っているようです。

還暦式の実際

還暦式は、還暦祝いと第二の人生の門出の祝いの式典やイベントの他に、生涯学習の情報提供が用意されていることが多く、第二の人生(セカンドステージ)の過ごし方のヒントが多く示されます。

同窓生や同年齢の人々との再開や出会いの場でもあり、さまざまな生き方の情報を互いに見聞したり、交換したりできるきっかけや場として、年々参加者が増えています。

最近では、「シルバー」の代わりに、「プラチナ」という言葉を使って、60歳以上の人々が永遠に輝く生き方を推奨する動きも出ています。

プラチナエイジの人々が明るく活気ある生き方を見出すことは社会の活性化につながると考えられ、還暦式の開催を呼びかけたり、支援したりする団体もあります。

<関連する用語>:

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend