第二のお母さんのような存在「家事代行スタッフ」【50代60代のお仕事図鑑】

記事を保存しました
家事代行スタッフ

定年世代の「家事代行スタッフ」の仕事内容は?

「家事代行スタッフ」は、ご依頼主のお宅へ伺い、それぞれのご要望に応じたライフサポートを提供するお仕事です。

お掃除やお洗濯・お料理などの家事全般、お子様のお相手や送り迎え・見守りなどの育児子育て全般が主な業務となりますが、お手伝いしてほしいことはご家庭によってさまざま。

若い共働き世帯から、上京してきた一人暮らしの方、単身赴任の方、高齢のご家庭など、それぞれのご事情からオーダーいただいたお手伝いを行います。

家事代行スタッフの仕事内容

・家事全般(ご依頼によってさまざまです)
 料理/掃除/洗濯/収納整理/衣替え/模様替え など
・育児全般(ご依頼によってさまざまです)
 お子さんの相手/幼稚園や小学校の送り迎え など
・子育て相談
・人生相談
・お話し相手 など

単発スポットでのご依頼のほか、長く同じ利用者さんから依頼を受けることも多くあります。利用者さんとの信頼関係を築いていくことで頼られることも多くなり、つながりを感じることができます。

家族三世代同居や大家族が主流だった昔は、おじいちゃんおばあちゃんたちが手の回らない部分を担ってくれていました。そんな助けてほしい部分をお手伝いするのが「家事代行スタッフ」なのです。

核家族化が進む今、現代のライフスタイルを反映し、働き盛りの共働き世代からの依頼がとても高くなっています。第二のお母さんとして働き盛りの世代をサポートできる、やりがいや喜びも大きいお仕事です。

こんな人が「家事代行スタッフ」に向いています!

こんな人にオススメです

・お片づけが得意
・料理するのが好き
・人と話しをすることが好き
・体を動かすことが好き
・子どもが好き
・育児の経験あり
介護の経験あり
・お世話好き
・お節介焼きの方
・明るくポジティブな方 など


スキルは活かせる?「家事代行スタッフ」に必要なスキルは?

家事や子育てなど、これまでの人生経験をまるごと活かせるお仕事になります。

長年、家族のために主婦業を頑張ってこられた方、介護や介助経験のある方、保育や看護の経験や資格を持つ方など、それぞれ得意なことを活かしてサポートすることができます。

利用者さんと接するため、人とお話しすることが好きな方にオススメです。明るくポジティブな方、優しく大らかなお母さんのような安心感のある方、小さな気づきや配慮ができる方も喜ばれます。

最近は外国の方からの依頼もあるそうなので、語学が得意な方にもオススメです。

<活かせるスキル>

□ 家事経験
□ 子育て経験
□ 接客経験
□ 人生経験
□ コミュニケーションスキル
□ 料理・調理のスキルや資格
□ 栄養管理のスキルや資格
□ 保育・教育の経験
□ 福祉や介護の経験
□ 語学スキル など

実際に働く「家事代行スタッフ」の体験談・感想

【やりがい体験談】

長年家族のためにおこなってきた家事経験を活かしたお仕事になるので、無理なく楽しく働くことができます。利用者さんから「ありがとうございます」「助かります」と感謝の言葉を直接かけてもらえることは、とても嬉しいです。(60代 女性)

自分の得意な部分をいかせるお仕事は魅力的ですよね。定年世代(50代、60代)におすすめのお仕事です。

<こちらの記事もおすすめ>

「50代・60代からは無理なく人の役に立つ仕事しませんか?」


関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

あわせて読みたい

カテゴリ別ランキングRanking

定年退職のこと

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend