法定後見とは

記事を保存しました

成年後見は、任意後見と法定後見の2つに大きく分かれます。

法定後見

認知症など、本人の判断能力が衰えた後で利用する制度です。

法定後見は、本人の判断能力が不十分になった時に、家庭裁判所の審判により後見人(保佐人・補助人)が決定され開始するものです。本人の判断能力の程度に応じて後見、保佐、補助の3つの種類があります。

タグ一覧

関連する記事Relational

編集部おすすめ記事 Recommend

enな人々

もっと見る

ランキング Ranking