法定後見とは

成年後見は、任意後見と法定後見の2つに大きく分かれます。

法定後見

認知症など、本人の判断能力が衰えた後で利用する制度です。

法定後見は、本人の判断能力が不十分になった時に、家庭裁判所の審判により後見人(保佐人・補助人)が決定され開始するものです。本人の判断能力の程度に応じて後見、保佐、補助の3つの種類があります。

タグ: 後見制度 種類

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。